NEWSニュース

お知らせ

シニアを雇用する企業の新型コロナ対策に関するアンケート調査

 

 

50代、60代のシニア人材に特化した人材紹介、人材派遣を提供する(株)シニアジョブは、高齢者が重症化しやすいと言われる新型コロナウイルスの感染拡大を受け、紹介した、あるいは派遣しているシニア人材が勤務する企業に対し、感染防止対策に関する緊急アンケート調査を実施しました。

企業が実施している感染防止対策について、特にシニア人材向けの対策を含めて集計し、その情報を再びシニア人材を雇用する企業にフィードバックすることで、複数の企業による対策情報の共有を目指します。

アンケート調査を行い、その結果、8割前後のシニアがフルタイムでの勤務を希望し、14%のシニアが求人サイトを活用する一方、求人誌や新聞求人広告を活用するシニアは1%に満たないなど、多くのシニアがITを活用している実態がわかりました。

 

 

  • ○シニア雇用企業の8割以上が、うがい・手洗いなど衛生強化を対策として実施
  • ○一方、テレワークの実施は1割程度、時差出勤も2割以下
  • ○行政などにテレワークの支援を求める声も1割以下
  • ○回答企業のうち、既に新型コロナの影響が出ているとした企業は2割程度
  • ○企業の半数が今すぐ人材を採用したい、4割以上はシニアでも可

 

 

【調査概要】

  • 調査テーマ : シニア人材を雇用する企業に対する新型コロナウイルス感染防止対策の状況調査
  • 調査期間  : 2020年3月27日〜4月5日
  • 調査方法  : インターネット調査
  • 調査対象  : 直近6ヶ月以内にシニアジョブが人材を紹介、あるいは派遣し、アンケート開始時点で人材が勤務を継続している企業
  • 対象社数  : 206社
  • 有効回答  : 28社(有効回答率13.6%)

 

 

【回答企業とシニア人材の雇用状況について】

回答企業のうち、50%が50代の社員数を「1〜5人」、60%が60代以上の社員を「1〜5人」と回答しており、シニア社員の割合については尋ねていないものの、中小企業で、かつシニア社員が多数所属する企業が少ないことが見て取れます。また、回答企業の業界は、おおむねシニアジョブの主要取引業界ですが、自動車整備業界の回答数が顕著に多く、偏りがあることがわかります。

 

 

■回答企業の業界

・自動車整備 28.6% ・建設・不動産 17.9% ・税理士事務所等士業 17,9%  

・医療・介護・保育 14.3% ・サービス 7.1% ・小売 7.1 ・製造 3.6% ・飲食・調理 3.6%

 

■50代の社員数(シニアジョブ紹介・派遣人材を含む)

・1〜5人 50% ・6〜10人 25% ・16〜20人 5% ・26〜30人 5% ・31人以上 15%

 

■60代以上の社員数(シニアジョブ紹介・派遣人材を含む)

・1〜5人 60% ・6〜10人 10% ・11〜15人 15% ・16〜20人 5% ・31人以上 10%

 

 

【新型コロナウイルスによる影響について】

新型コロナウイルスにより「影響が出ている」とした企業が21.4%しかおらず、「いずれ影響が出ると思う」という将来的な懸念を感じる企業は57.1%と多いものの、まだその影響が大きくないことがわかります。しかし、影響の内容としては「売上や受注の減少」が57.1%ともっとも大きく、明確なダメージを企業が負っていることがわかります。一方で、シニア人材への健康被害については、回答企業に限っては発生していないようです。

 

■影響の有無と予想

・影響が出ている 21.4% ・いずれ影響が出ると思う 57.1% ・当面影響が出ないと思う 10.7%  

・わからない 10.7%

 

■影響の内容(複数回答可)

・売上や受注の減少 57.1% ・顧客訪問や来客の減少 39.3% ・仕入れ・流通の停滞 39.3%  

・稼働人員の減少・人員の休暇の増加 32.1% ・わからない・特に影響はない 21.4%

 

■シニア社員(50歳以上)の健康状態

・全員が元気である 92.9% ・体調を崩している社員がいるが平常と変わらない程度 7.1%

 

 

【新型コロナウイルス感染防止対策についてなど】

新型コロナウイルスの感染防止対策としては、「衛生強化の呼びかけ」を85.7%の企業が実践している一方で、時差出勤、来客制限、テレワーク、営業時間短縮などはそれぞれ2割に届かず、勤務体系への影響を極力とどめたい企業の意図が感じられます。一方で、50歳以上に対して強化した対策では、「特段50歳以上向けに実施している施策はない」と答える企業がもっとも多く、2番目に「衛生強化の呼びかけ」が入ったものの、3番目には「時差出勤・フレックスタイム制の導入」が入るなど、一部ながらシニア人材に対して他の層と異なる特別な対策が行われていることがわかります。

今後の人材採用については、「当面採用は考えていない」企業が21.4%と多めであるものの、もっとも多かったのは「今すぐ人材を採用したく、50歳以上も採用したい」の42.9%であり、回答企業においてはむしろ人材不足が起きていることがわかります。

行政などに求めることについては、「マスク・消毒剤等、衛生資材の物的支援」がもっとも多い71.4%となり、企業も一般消費者と同様のマスク不足に悩まされている実態がわかるとともに、対策としてあまり実施されていなかったにも関わらず、「テレワークや時差出勤のための支援」は7.1%にとどまり、企業の関心が高くないことがわかります。

 

■実施している新型コロナウイルス感染防止対策(複数回答可)

・うがい・手洗い・マスク着用の徹底など衛生強化の呼びかけ 85.7%  

・会議・イベント等の中止 60.7% ・マスクや消毒液など衛生資材の配布・社内販売 50%  

・職場や社用車等の除菌・消毒 28.6% ・時差出勤・フレックスタイム制の導入 17.9%  

・営業訪問の停止・来客の停止・体温計測など接触の制限 17.9%

・在宅勤務・テレワークの実施 10.7% ・営業時間の短縮 7.1% ・特に何も実施していない 7.1%

・その他(定時全館換気 など) 3.6%

 

■上記のうち、特に50歳以上に対して強化した対策(複数回答可)

・うがい・手洗い・マスク着用の徹底など衛生強化の呼びかけ 25%  

・時差出勤・フレックスタイム制の導入 14.3%  

・マスクや消毒液など衛生資材の配布・社内販売 14.3% ・会議・イベント等の中止 10.7%  

・在宅勤務・テレワークの実施 7.1% ・営業時間の短縮 3.6%  

・営業訪問の停止・来客の停止・体温計測など接触の制限 17.9%

・職場や社用車等の除菌・消毒 28.6% ・特段50歳以上向けに実施している施策はない 71.4%

 

■今後の人材採用

・今すぐ人材を採用したく、50歳以上も採用したい 42.9% ・当面採用は考えていない 21.4%

・今すぐ人材を採用したいが、50歳以上は採用したくない 7.1%  

・新型コロナウイルスの収束後は人材を採用したく、50歳以上も採用したい 7.1%

・新型コロナウイルスの収束後は人材を採用したいが、50歳以上じゃ採用したくない 3.6%

・わからない 10.7%

・その他(若手未経験も採用を考えている、求人にマッチする人材がいたら紹介してほしい) 7.2%

 

■行政などに求めること(複数回答可)

・マスク・消毒剤等、衛生資材の物的支援 71.4% ・情報提供の強化や相談窓口の設置 28.6%  

・採用や人材確保に関する支援 28.6% ・融資制度の強化・拡充 21.4%  

・PRや販売促進など感染収束後の支援 14.3% ・テレワークや時差出勤のための支援 7.1%  

・特にない 7.1%

 

■その他・自由記述

・世の中の人材不足が解消されつつある様子のため人材を採用したいが、景気の先が読めずに躊躇している。シニアジョブの状況・情報を教えてほしい。

 

 

 

【調査の結果から】

今回の調査結果からは、少なくともアンケート回答企業においては、必ずしも新型コロナウイルスの影響が、現時点で大きく表れていないことがわかりました。また、多くの企業が旺盛な採用意欲を持っていることもわかりました。

感染防止対策については、手洗いやマスク着用といった衛生強化の呼びかけを多くの企業が実践している一方で、テレワークや営業時間の短縮を行う企業は少なく、外出の自粛に踏み切れない企業の実態が表れていると考えられます。テレワークの実施割合が1割程度という数値は、他で実施されているアンケート調査とも大きく変わらないことから、概ね一般的な状況に近い結果であると思われます。

シニア人材を対象とした対策では、時差出勤やテレワークの回答が高まり、シニア人材への配慮を行う企業の存在を感じる一方、特段シニア人材へ向けた対策を行っていない企業が多い状況がうかがえます。

今回の回答企業の業界は、自動車整備、医療・介護・保育、建設・不動産など、テレワークが難しい業界が多いことも、回答結果の傾向に表れているのではないかと思われます。

 

多くの企業が既に衛生強化を実践しているものの、さらに接触や外出を少なくするための対策が必要であることが調査結果に表れています。また、経済全体が減速する中でも人材需要が高いことは、非常に深刻な人材不足が発生していることを示しており、新型コロナウイルス感染の収束後には、迅速かつ適切な人材供給が必要と考えられます。

 

 

 

【会社概要】

社名 : 株式会社 シニアジョブ

代表 : 代表取締役 中島 康恵

本社 : 東京都新宿区大久保1-14-15 三辰ビル7F  TEL : 03-6908-9822

URL  : https://corp.senior-job.co.jp/

事業内容 : シニアの人材ビジネス提供  

 

 

ご取材に関するお問い合わせ先

株式会社シニアジョブ 広報部 安彦(あびこ)

TEL:080-4107-5851  e-mail:m-abiko@senior-job.co.jp